台湾3日目★誠品書店 西門駅で日本の雑誌に出会う

      2015/06/12

西門駅周辺は流行の発信地的な場所で
いわば「台北の原宿」的存在なんだそう。

そういわれてみれば歩行者天国も多いし、
若い人の姿も多くて活気があります。
23台北の原宿

有名な本屋さん「誠品書店」を発見!
書店がある誠品116というビル中には
若者向けの雑貨店やブティック、
アクセサリーショップなどが入っています。
24誠品書店

雑誌売り場を除くと日本の雑誌がズラリ!
日本の雑誌は台湾で人気が高いと聞いてはいたけれど
ほんとうにたくさん売られているのですね。
25誠品書店日本の雑誌

日本語なのに、どうやって読むのでしょうか?
そもそも雑誌って読むものじゃなくて
見るものだからいいのかな?
27誠品書店日本の雑誌

日本の雑誌の中国語版。
台湾のモデルさん、めっちゃきれい。
26誠品書店台湾モデル

同じフロアに雑貨コーナーもありました。
28誠品書店お茶土産

かわいいパッケージの烏龍茶ティーバッグ。
いろんな動物のがあります。
お土産によさそう。
ディスカウントされているので
あえてお土産としては買いませんでしたが。
29誠品書店お茶土産

もともと本屋が大好きなので
外国の本屋をのぞくのも大好き。
その国の人たちのトレンドや興味があることがわかるから。

台湾の本屋は日本への愛着を感じられる
居心地のいい空間でした。

 

↓応援ありがとうございます!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

 


 

誠品書店 西門店

 

【住所】地址臺北市萬華區峨眉街52號B1-3F

 

【アクセス】MRT西門駅から徒歩5分

 

【電話】02-2388-6588

 

【営業時間】11:30-22:30(年中無休)



 
上記の旅行記は旅行時(2013月3月時点)の体験を元に作成しています。
現在とは料金などが異なる可能性がありますので、ご了承ください。

(Visited 710 times, 38 visits today)

 - 台湾・台北★女ひとり旅