台湾3日目★小籠包の名店「鼎泰豐」へ

   

 

この日の16:50発の便で
友人が先に帰国してしまうので、
今日は急ピッチで回ります。

am8:00
ホテルで軽い朝食を済ませました。

am8:30
MRT「東門」駅の通り沿いにあるスーパーで
おみやげのお茶を買い込み、
一旦ホテルへ戻ってチェックアウト。

am10:00過ぎ
永康街の入口にある鼎泰豐(デンタイフォン)へ。
ホテルから歩いて5分ほどの場所にあるなんてラッキー。
01鼎泰豐(デンタイフォン)

鼎泰豐といえば小籠包!
小籠包といえば鼎泰豐というぐらい
いわずと知れた小籠包が人気のお店。
ツアー旅行にもよく組み込まれてますよね。

あっという間に満席になると聞いていたので
10:00の開店直後に行ったのですが、
店内はまだガラガラ。不安になるぐらいでした。

でも、席に着いてしばらくすると
次から次へと来客が。
あっという間に満席に。

事前のリサーチどおりです。
危なかった~。

並ばずに鼎泰豐で小籠包を食べたい人は
本当に10:00に行った方がいいですよ。

軽く朝食を食べた後だったので
注文は小籠包(10個)と、空心菜の炒め物のみ。

きたきた~。
この旅、初の蒸篭に入った小籠包
02鼎泰豐小籠包

熱いかな、熱いかなと
びびりながら一個目は
蓮華の上で少しスープを出してから食べました。

お、おいし~!
ピンボケで分かりにくいけれど、
たっぷりのショウガと食べるとほんとにおいしい。
03鼎泰豐小籠包

みんなもそう思ってるようで、
「ショウガのお代わりいかがですか?」と
何度も店員さんが回ってきていました。

食べる前は
「こんなにショウガいらんよ。誰が食べるねん」
なんて心の中で思ってしまってスミマセン。
人気店はおいしい食べ方をわかってらっしゃる。

さて、ふたりとも大好物の
空心菜の炒め物はてんこ盛り。
04鼎泰豐空心菜

あ、食べたことがない人のために説明すると
空芯菜は東南アジア一帯で栽培されている
茎の中が空洞になっているほうれん草みたいな野菜。

ほうれん草の約4倍のカルシウム、
約5倍のビタミンA、
約2倍のビタミンB&ビタミンCが含まれているうえ、
ほうれん草よりアクが少なくて食べやすいんです。
別にほうれん草の悪口を言っているわけではありません。
空芯菜は栄養満点でおいしいよ~って話ですから。

最近は日本のスーパーでも売られたり
居酒屋のメニューに入っていたりしますが、
こんなにたっぷり食べられることは
あんまりないですよねぇ。

きれいな色に調理されていて、
シャキシャキしてて、
にんにくが効いていて、
ぱくぱく食べられました。
は~、ビタミン摂取、完了。

お会計は2人396元(1人当たり198元 約633円)

台湾にしてはお高めですが、
念願の小籠包が食べられて満足です。

朝からこんなしょぼいオーダーだけで
退店してすみません。
その代り30分以内に立ち去りましたので
許してもらえることでしょう。

さて、今日は時間がないので次行きます、次。

 


 

鼎泰豐(デンタイフォン)

【住所】台北市信義路二段194

【アクセス】MRT東門5番出口を出て直進。永康街を越えてすぐ右側

【電話】(02)2321-8927、(02)2321-8928

【営業時間】 10:00~21:00(月~金) 土日、祝日は、9:00~21:00(年中無休)



 
上記の旅行記は旅行時(2013月3月時点)の体験を元に作成しています。
現在とは屋号、料金などのデータが異なる可能性がありますので、ご了承ください。

旅行時のレート:1台湾ドル=約3.2円

(Visited 553 times, 12 visits today)

 - 台湾・台北★女ふたり旅