断崖にかかるインカの橋は必見!時間&人数制限あり

      2015/09/01

ここで、マチュピチュ遺跡のちょっと外側にある
インカ道での必見スポットをご紹介。

その1つめがインカの橋(Puente del Inca)

見張り小屋の先の断崖絶壁にかけられた素朴な橋ですが
その断崖絶壁ぶりがすごいんです。

その橋へ行くまでに通るインカ道もなかなかの細道。
山歩きが好きな方にオススメです。

が、この橋、7時~15時までしか見られません!(2015年8月現在)

見張り小屋についたらそのまま向かうといいでしょう。

まず初めに、入口にある詰め所で名前と時間を記帳します。

入場料などは不要ですが、
名前と時間の記帳がいるということは…
帰ってこない人がいないかチェックしてるってことよね。
それだけキケンな道ってことでしょうか。
ドキドキ…

切り立った崖の山道を歩くこと約20分
マチュピチュインカの橋へ

あったぁ~!

山の斜面に詰まれた石垣の上に
ちょこんと乗った丸太たち。
マチュピチュインカの橋

確かに橋ですが、
あれを渡るの????

と思ったら橋の近くへは行けないようになっていました。
なのでちょっぴり離れた場所からズームで撮影。
マチュピチュインカの橋拡大

敵が来たらあの丸太だけ落とす仕組みだそうですが、
あんな場所にどうやって石垣を組んだんでしょうね。

すごいのは橋そのものというより
橋をかけるために組まれた石垣でできたインカ道。

この道はインカ帝国時代、
北はエクアドルのキトから
南は地理のサンディアゴまでつながっていたとのこと。

まさにプロジェクトX。
中島みゆきの地上の星が頭の中で流れます(←古い))

インカの人たちの建築技術には
ただただ驚くばかり。

日本が室町時代から戦国時代にかけて城を築いていた頃、
ペルーではインカ人がマチュピチュでコツコツと
石垣を積み上げていたのですね。
歴史っておもしろい。

橋の向こうへは行けないようになっているので
マチュピチュへ戻るには来た道を引き返します。

道はとっても細いので、
15時までに行っても人数制限を越えていた場合、
入場できなくなるそうです。

行きたい方は念のため、お早めにどうぞ。

 


 
インカの橋
【見学時間】7:00~15:00



 
上記の料金は2012年8月29日(水)~9月7日(金)当時のものです。
また、当サイトのペルー★女ひとり旅の記事内に掲載の料金もすべて
旅行当時のものとなりますのでご了承下さい。

レート:1$=約79円
    s/.1(1ソル)=約29円

(Visited 632 times, 25 visits today)

 - ペルー★マチュピチュ女ひとり旅