旅の準備★必須!高山病対策にダイアモックス

      2016/02/27

 

ペルーへ行くなら高山病対策をお忘れなく!

ペルー南部は標高が高い地域が多く、
クスコやプーノ(チチカカ湖のある街)は標高3000m以上。
標高2000~4000m以上の高地では、
どんな人でも高山病の症状に見舞われる可能性があります。
病状が悪化すると動けないなんてことにもなるので、
高山病対策はしっかりしていきましょう。

 
ペルーの標高図
ペルー標高図
赤字のクスコ、プーノあたりは高山病にかかるリスクが高い街↑

富士山クラスの高い山の頂上付近に
飛行機やバスで短時間で行けてしまうのですから
身体が不調になるのも無理はありません。

富士山に登っても全く高山病にならなかった私でも
クスコではずいぶん気分が悪くなりましたし、
高山病で苦しんでいる方にも数人出会いました。

せっかくの旅を楽しむためにも
高山病対策は大切なんです。

 

高山病の予防方法

高山病の予防薬を持参する
 高山病に効く薬は3種類ほどあるそうですが、
 ダイアモックスという薬が有名です。
 日本国内で処方してくれる病院があるので
 現地で入手する自信がない人は
 用意しておくといいでしょう。
 

 
 ダイアモックスとは

高地に上がる前に飲んでおけば高山病を防止することができる薬。
症状が現れてからでも服用すればすぐに改善されます。
高地に行く前日から1日2回の服用が効果的。

ペルーでは普通に薬局で買えますが
日本国内では薬局での取り扱いがないため、
医師の診断と処方箋が必要です。

高山病の予防薬としてダイアモックスの処方が可能な病院リスト

 

 
 私は旅に出る前に、大阪の四ツ橋診療所さんで
 処方していただきました。
 
 予約不要、即日処方OK、薬代込で3000円(2012年8月当時)。
 陽気な先生と看護師さんに
 「気を付けていっておいで~」と送り出していただきました。
 
 ちなみに料金ですが、病院によってかなり開きがあるようです。
 実はもう1件問い合わせた病院があったのですが、
 診察代だけで1万円、しかも即日処方はできないと言われたので
 行くのをやめました。
 飛び込みで行く前に、まずは問合せてみることをおすすめします。
  
 

高地に行ったらまず休息
 旅先だからと無理してすぐに出かけないこと。
 まずはホテルでゆっくり休んでからでかけましょう。 
 点滅信号をあわてて渡るなんてもってのほか。
 息が上がりすぎてびっくりしますよ。
 
食べ過ぎ、飲みすぎ、熱いシャワーに注意
 血行を良くしすぎるとかえってよくないので
 なにごとも控えめに。
 
水分をしっかりとる
 利尿作用を高めるために水分補給が大切。
 ホテルにはコカ茶などが用意されていることが多いので
 まずは一服しましょう。
03ホテルMIDORIのコカ茶
↑高山病にいいというコカ茶。
クスコのホテル「MIDORI」では飲み放題でした。

 

高山病にかかったら

 
まずは部屋で安静に
 横になると呼吸数が少なくなってかえってよくないので
 ゆったりイスに座って
 深く呼吸をするようにしましょう。
 
可能なら低地へ移動
 どんなに症状が重くても
 低地へ行くとあっさり症状は回復します。
 
 標高3399mのクスコで全く動けなかった方が
 標高2400mのマチュピチュでは元気に動いていたりします。
 私もクスコでは食欲がなかったのに
 マチュピチュに行くと急に元気になりました。
 
 高山病が心配な方は
 はじめからクスコ観光はあきらめて
 直接マチュピチュへ向かうということも
 選択肢にいれておいたらいいかもしれません。
  
症状が悪化したらホテルのスタッフへ
 高山病の宿泊客対応には慣れているので
 いろいろ助けてくれるはず。
 日本大使館や領事館が近くにあれば電話して
 よい医者を紹介してもらうのもいいでしょう。

 
高山病にかかりやすいかどうかは
行ってみないとわかりません。

上記の予防策を全て行いましたが、
それでもクスコでは食欲がなく
少し気分が悪くなりました。
もし、なにも対策をしていなかったら
どうなっていたことか…。

行ってから後悔するより
しっかり事前に備えをして旅を楽しんでくださいね。

 

 

(Visited 5,263 times, 128 visits today)

 - ペルー女ひとり旅情報