日本人が経営するクスコのホテル「Midori」

      2015/09/13

クスコの宿はオーナーさんが日本人のホテル「Midori」
こちらのオーナーさんは
ペンシオン八幡という
ドミトリータイプの宿も経営されているそうです。

アルマス広場から坂を上ったところにある
古民家を改装したあたたかい雰囲気のホテルです。

03ホテルMIDORIのコカ茶
フロントでは英語も通じるし、
高山病に効くというコカ茶をはじめ
各種飲み物が飲み放題
といううれしいサービスも。

クスコMIDORIの部屋部屋にはヒーター、
備え付けのドライヤー、
NHKが映るテレビがあり、
朝ごはんはパン、ヨーグルト、フルーツ、
ハム、チーズ…としっかりしたものでした。
シャワーもちゃんと熱いお湯がでる。

中庭にはイスとテーブルがあるので
コカ茶を飲みながらまったり
なんてこともできます。

こちらの宿には初日に1泊。
マチュピチュへ一泊した後、
プーノヘ行く前日にもう一泊しましたが、
その間、大きな荷物を預かっていただいたりと
大変お世話になりました。

私以外にも日本人のご夫婦が宿泊されていて、
そのおふたりとマチュピチュで再会したり
その後、大変、親切にしていただいたりと
ステキな出会いもありました。

1泊$54と私にしては奮発しましたが
その価値はありました。

8月のクスコはけっこう冷えるので
安宿に泊まって凍えるよりは
ある程度きちんとしたホテルに泊まる方が
体調管理ができると思います。

クスコの坂道ちなみに、アルマス広場へは歩いて数分ですが
坂が急なうえ、石畳なので
スーツケースをゴロゴロして上るのはきついかもしれません。
宿泊前後はなるべくタクシーを使いましょう。

 


 

Hotel Midori
 
【住所】Calle Ataud 204
 
【アクセス】アルマス広場からカテドラル左手の坂を上って
インカ博物館の角を左手に進むと右手にあります。
 
【電話】084-24-8144


 

 


 
上記の旅行記は旅行時(2012月8~9月時点)の体験を元に作成しています。
現在とは料金などが異なる可能性がありますので、ご了承ください。

(Visited 1,546 times, 53 visits today)

 - ペルー★クスコ女ひとり旅