海外★女ひとり旅におすすめの軽くて丈夫なスーツケース

      2016/02/26

 

ひとり旅の達人がオススメするスーツケース
ツアーを利用せずに女ひとりで海外に行く場合、
とっても大切なポイントが荷物の運びやすさ。

 

自宅から駅、
駅から空港
空港からホテル
ホテルからホテル…
 

重い荷物やスーツケースを運んでいると
ちょっとした段差や階段が
大きな障害として立ちふさがります。

 

あ、移動は全部タクシーよん♪
なんてセレブな方はともかく。

 

私は車を持っていない上、
自宅から最寄り駅までの約1㎞間はバスも走ってません。
そんなわけでスーツケースをごろごろさせて
駅まで向かいます。

 

海外での移動はほぼ、電車かバス。
タクシーを使うのは深夜ぐらいです。

 

そんな私がスーツケースを選ぶポイントはこの2つ

 
 

海外 女ひとり旅に必要なスーツケースの2大条件

 

  • 軽い!
  • キャスターの性能がいい

 
もちろん、
丈夫なこと
TSAダイヤルロック※がついていることなども大切ですが、
男性より力が弱い女性にとって
上の2つは必須条件!

※TSAロックとは
現在、米国領土内(グァム、サイパンを含む)のすべての空港では、
預けられたスーツケースなどの手荷物を
TSA(米国運輸保安局)が検査することになっています。
そのため、乗客は荷物に鍵をかけて預けることはできません。
万が一、鍵がかけられていた場合、鍵を壊されてしまうことも。
ただし、TSAロック搭載のカバンやスーツケースなら
TSA職員が特殊ツールを使って
鍵をかけたまま預けることができるので安心です。

 

上の2つを基準に
私が長年連れ添ってきた
丈夫で頼れるスーツケースをご紹介します。

 

一人旅歴20年ちょっとの中で
2つしかスーツケースを買ったことがないので
あくまで主観にはなりますが
ご了承ください。

 

 

海外 女ひとり旅で頼れるスーツケース1

 

サムソナイト

19歳で初めて買ったスーツケース。
当時はスーツケースの相場がわからず、
インターネットで口コミを調べたりもできなかったので
近所のお店で売っていたものを
それほど考えずに購入した、という感じでした。

↑同じ型はもうありませんし、
 20年ほど前なので
 ここまで高品質でも軽量でもありませんでしたが。

 
後になってわかったのですが、
サムソナイトは世界的に有名な
スーツケースやバッグ類のブランド。
 
お値段も平均より高め。
その分、当然、品質も高めです。

 

長年使ってみた感想

 

  • とにかく丈夫!

 

メキシコへ行っても
アメリカへ行っても
アジア各国へ行っても
ヨーロッパへ行ってもびくともしない。
 
ま、あたりまえですが。
 
ただ、空港でのスーツケースの扱われ方は
かなり粗雑なので
安物ではすぐに壊れることも。
ポンポン放り投げられることを思うと
スーツケースはやはりハードケースに限ります。

 
1度目の旅行で外側は傷だらけになりました。
ただし、傷ぐらいでは使う分に問題はありません。

 
また、
スーツケースでゴロゴロ歩き回りまくりましたが
車輪が壊れることもなく、
15年も使っていました。

 

ただ、ひとつの難点がありました。
それが↓

 

  • 丈夫すぎて壊れなかった

 
なので、買い換えた理由は
壊れたからではありません。

 
新しいものがほしくなったから、です。
 

というのも、
初代スーツケースは10代の頃好きだっった青色
 

でも、歳を重ねるにつれ
寒色系より暖色系が好きになり、
青いスーツケースが私の服装に合わなくなってきたのです。

 

そしてだんだん重くなってきたから。
 

もちろん、スーツケース自体が重くなったわけではありません。
丈夫で長持ちしすぎたため、
その間に軽量で安いスーツケースがたくさん登場し、
相対的に重く感じるようになったのです。
キャスターも劣化していたのでしょう。

 
重さをガマンすれば
まだまだ使えそうでしたが、
私もその間に歳をとりました。

 

もう少し軽いスーツケースがほしい。

 
でも、この先バンバン海外へ行くかどうかわからないし、
そんなに高級なスーツケースはいらない。

 

そう思って買い換えたのがコチラ。
 

アメリカンフライヤー

 

 
超・有名ブランドではありませんが
このサイズで2万円以上すれば
品質も安心。
 
たくさんのメーカーの中かからこれに決めたのは
同じく海外へよくひとり旅へ行く女友達が薦めてくれたから。
彼女の評価ポイントは

 

50㎜の大型キャスターで石畳でもなめらかな走行を実現

 

というもの。

 

ドイツを何度も訪れている彼女にとって
石畳のがたがたにも耐えられるスーツケースであることは
必須条件!

 

スーツケースというとデザインやサイズなどを気にしがちですが
キャスターはとっても大切。

 

駅や空港のつるつるした床ならともかく
普通の道路はたとえ舗装されていてもけっこうデコボコ。
そんななかを行くスーツケースが
なめらかに走行してくれること
女性トラベラーにはうれしいポイントです。
 

実際に使っている人が薦めてくれているので
安心して購入。

 

私が使っているのはMサイズの赤色
 
Mサイズなら1週間から10日の旅行でも十分。

赤色なら私の手持ちのどの服を着ても
合わないということはありません。

 

めちゃくちゃメジャーなメーカーでもないので
空港で取り違えられる心配も少ないです。

 

新しいスーツケースは前より軽くなって
旅も快適!

 

これから数年間、大切に使います。

 
 

ただ、もし私がスーツケースにお金をかけられる
リッチピーポーだとしたら
やっぱり信頼のドイツ製 モワ社のがほしいです。
軽いし、デザインもシンプルでかっこいいですしね。
 

 
あ~、でもやっぱり高いなぁ(笑)。

 

空港でリモワを持っている人を見かけたら
リッチピーポーだなぁと羨望のまなざしを送りましょう。

 

(Visited 2,678 times, 21 visits today)

 - マカオ★女ひとり旅