香港1日目★不完全燃焼…100万ドルの夜景

   

アフタヌーンティーの後、雨がぱらついてきたので

ホテルへ傘を取りに戻り、また出かけました。

 

やっぱりこのホテル、立地は本当に最高です。

エレベーターではこれからご出勤らしい

夜のお店で働く風のお姉さん2人と一緒になりました。

ほんとうにバラエティー豊富な人たちが

このビルにいるようでした。

 

スターフェリーの遊覧船に乗りたかったのですが、

あいにく雨が降っていて夜景もかすんでいるので予定変更。

 

20:00からは毎晩、行われている光と音楽のショー

「シンフォニー・オブ・ライツ」を見たいと思っていたので

それまで時間をつぶすことに。

 

お腹いっぱいなのでお茶する気にもなれず、

とりあえず意味もなくスターフェリーに乗って

対岸の香港島に渡ってみました。
香港フェリー

 

片道HK$2.5(約33円)。安っ!

窓の外にはステキな夜景が広がります。
26香港フェリー

 

対岸についたものの、目的があったわけではないので

ちょっとだけぶらぶらしてまたすぐに九龍側へ戻りました。

33円でフェリーに乗れて夜景も見れたので、まぁ満足。

 

霧雨状の雨が降ったりやんだり…。

それでも

「シンフォニー・オブ・ライツ」が観賞できる

尖沙咀プロムナードにはたくさんの人だかりが。

開演時間の20:00になり、

何やら古めかしい音楽と中国語のナレーションが流れ、

シンフォニー・オブ・ライツがスタート。
24香港夜景

 

 

が、こんな感じ…。
27シンフォニーオブライツ

 

全体にもやがかかっていて、

どこが光っているのかうっすらとしかわかりません。

BGMのおかげでかろうじてクライマックスがわかりましたが、

見ている私たちはどこが盛り上がっているのかさっぱりわからず。

 

「え?これで終わり?」というモヤモヤした気持ちを抱えながら

港をあとにしました。

 

後でこの日ビクトリアピークに登っていた

という日本人観光客の方とお話ししましたが、

当然、そこからも夜景は全く見えなかったそうです。

 

天気のことばっかりは、どうしようもありません。

 

夜景観賞が不完全燃焼に終わったので

街をぶらぶらして帰りました。

 


 
シンフォニー・オブ・ライツ

ギネスでも認定されている、香港のデイリーイベント。
毎晩20:00~13分にわたって開催されています。
高層ビルからカラフルなレーザー光線が放たれて、
テンポのいい音楽とナレーションも加わり
100万ドルの夜景と言われる香港の夜を華やかに見せてくれます。
7月1、2日は中国への返還記念日のため花火も追加!
香港へ行ったらぜひ、20:00は
音と光のショーを楽しみましょう!

【観賞ポイント】
尖沙咀ウォーターフロント・プロムナード(尖沙咀東部海濱公園)がオススメ

【アクセス】
・尖沙咀のスターフェリー乗り場から:時計台の方に進んですぐ。
・ネイザンロード(彌敦道)側から:ペニンシュラホテル東側、
 シェラトンホテルの南側にあるプロムナードへの地下道を通って。
・MTR荃灣線、尖沙咀駅から:地下道を通って行けます。



 


 
上記の旅行記は旅行時(2014月3月時点)の体験を元に作成しています。
現在とは料金などが異なる可能性がありますので、ご了承ください。

(Visited 2,393 times, 118 visits today)

 - 香港★女ひとり旅